ご挨拶・社是

【社是】

義理と人情と浪花節

【社是の魂】

僕の事をこれだけ信用してくれた
見捨てられない
絶対に助ける

これは、私やプロジェクト・マネージャーが密かに心の支えとしている心情を綴ったものです。コンサルティングの先の社長には、義理を欠くように、人情を欠くように、と「四かく経営」を勧めていますが、私たち自身は日本人が大切にしてきた‘義理と人情と浪花節‘にどっぷりつかっているからこそ、厳しい活動を続けられるのではないかと思っています。

そして、私たちができるだけ中小企業経営者の相談に応じたいと考える理由の一つは、この方たちがいかに厳しい立場にあり、過酷な風雨にさらされているかを、これまでの経験で身にしみて知っているからです。彼らがいなくなったら日本の文化が立ち枯れてしまいます。

自分で解決できる範囲というのは、社長さん自身が思い込んでいることよりもずっと狭いものです。「もうだめだ」と自分で思われていても、一歩踏みとどまってください。大きく深呼吸してください。必ずやまだ打つ手があることを信じ、私たちのオフィスの扉を叩いてください。

取締役会長

是松孝典